資産運用の世代別考え方

資産運用の方法は、個人の年齢や、ライフステージによって異なります。ここでは、ライフステージに応じた資産運用の考え方をご提案します。

■若い世代
収入はさほど多くない代わりに、自由に使えるお金の割合はかなり高い時期。これをすべて使い切るのではなく、たとえば結婚や住宅購入などに目を向け、将来に備えた資産作りを心がけることも大切です。
若いうちから運用を始めれば、中長期的な運用も可能となり、ある程度リスクがあっても積極的に値上がり益を狙う投資信託を選択することも可能です。多額の年金は期待できません、退職時に大きく差がつくように自分退職金の積立(iDeCo)も必要と思われます。
<※証券口座を積極的に利用するスキルを磨く時期でもあります。>

■働き盛りの世代
子供の出産や教育、住宅ローンの返済など支出が多い時期。資産を効率的に殖やす工夫が大切です。
毎月の支出に追われがちですが、子供の将来や自身の老後のための準備も忘れてはいけません。安全性を重視して中長期的に着実に殖やしていける投資信託を組み合わせることをお勧めします。
<※万が一のためにも保険の見直しは必須と思われます。>

■セカンドライフが間近な世代
限られた年金収入と貯蓄で、より充実したゆとりあるセカンドライフを送るために、資産を安全に管理していく工夫が大切です。
毎月の必要資金(生活費、趣味・レジャー費など)を把握し、安全性を重視した投資信託を考えてみてはいかがでしょう。

<※ また、この時期から相続、会社経営を成功させた方は事業承継の具体的な準備をしなくてはなりません。>

一度、【FP京都】に相談されては如何でしょう?

★尚、FP京都では個別具体的な商品の案内はしません。