FPに相続税対策を相談する前に知っておきたいFPの役割

FPに相続税対策を相談する前に知っておきたいFPの役割

FP相続税対策などの相談をする前に、FPの役割について知っていただきたいと思います。

FPとはファイナンシャルプランナーの略で、暮らしとお金に関する相談をお伺いし、人生設計(ライフプラン)のアドバイスを行うのが主な業務です。ライフプランを実現させるための資金計画をファイナンシャル・プランニングと言い、それをサポートするのがFPです。

FPに相談できる内容としては、家計の見直し、教育資金・資産運用の方法や金融商品をどう選択するか、老後の生活設計、住宅ローンや保険の見直し、税金や相続に関することなどがあります。また、介護・医療費、年金をいつからいくらもらえるか、社会保険(出産や育児でいくらもらえるか)といった相談も可能です。

相続税対策をFPに電話相談するなら様々な依頼を承る【FP京都】へ

相続税対策をFPに電話相談するなら様々な依頼を承る【FP京都】へ

相続税対策をFPに相談したいとお考えなら、【FP京都】へお問い合わせ下さい。【FP京都】では、保険や相続税対策、教育資金、資産運用などのお金に関する様々な相談を承っています。

具体的なプラン作成の依頼も承っており、電話相談も可能ですのでお気軽にご連絡下さい。相続税対策は、早めに相談して対策を進めておくことで、相続時にかかるご家族の負担を軽減することができます。相続について少しでも不安に感じることがあれば、幅広い知識を持つFPへご相談下さい。

どんな財産に相続税がかかるの?

相続財産には、相続税の課税対象になるものと対象外のものがあります。相続税対策をお考えの方は、参考知識として是非覚えておいて下さい。


課税対象になる財産の例

  • 金融資産(現金、預貯金、公社債、有価証券など)
  • 不動産(家、駐車場、倉庫、農地、山林、牧場、借地権、マンション、アパートなど)
  • 動産(自動車、宝石、貴金属、家具、骨董品など)
  • 権利(ゴルフ会員権、著作権、電話加入権、特許権、商標権など)


課税対象外の財産の例

  • 仏壇、仏具、神棚、墓地、墓石
  • 生命保険金の一部(法定相続人の人数に500万円を掛けた金額までは課税対象外)
  • 退職金の一部(法定相続人の人数に500万円を掛けた金額までは課税対象外)
  • 福祉事業や学校運営などの公益事業を行う者が相続や遺贈で取得した財産のうち、公益事業に使用することが確実な財産
  • 地方自治体が心身障害者に実施する共済の受給権

お役立ちコラム

FPに相続税対策の相談をするなら【FP京都】

会社名 FP京都 (屋号)
所在地 〒 604-8831 京都市中京区壬生森前町8-13
TEL 070-5430-4421
FAX 020-4664-6328
HP https://fpkyoto.org/

お気軽にお問い合わせください。070-5430-4421営業時間 10:00-16:00 [ 土・日・祝日除く ]
お問い合せは365日24時間可能です

お問い合せはこちらから