相続税対策についてきちんと考えていますか?一口に相続税対策と言っても、様々な方法があります。こちらでは、相続税を節税する方法について紹介します。

京都で相続税対策をお考えの方は、【FP京都】にご相談下さい。京都で多数の対応実績がありますので、安心してご依頼いただけます。

京都で相続税対策・投資・保険の相談をしたい方は【FP京都】へ

京都で相続税対策・投資・保険の相談をしたい方は【FP京都】へ

京都で相続税対策・投資・保険の相談をしたい方は、【FP京都】をご利用下さい。

相続税対策をはじめ、ファイナンシャルプランナーが各種保険、金融商品、信託など幅広くご相談を承っています。

当たり前を当たり前だと思わず、あくまで顧客目線で対応しますので、ご相談の際は詳しくお話下さい。

相続税を節税するには

相続税を節税するには

遺産の総額が大きい場合は、相続税がかなりかかってしまうため、中には節税に力を入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか?相続税の節税をする場合は、主に以下のような方法があります。

生前贈与を活用する

生前贈与を上手く活用することで、相続財産が減り、節税に繋がります。生前贈与について、贈与税の課税方法には2つの方法があります。

・暦年課税生前贈与は年に110万円の基礎控除額があります。毎年、基礎控除額を超えない範囲で贈与を行うことで、贈与税を支払わずに、相続財産を減らせます。少しずつの贈与となるため、早いうちから行っておくことが大切です。

・相続時精算課税相続時精算課税制度は、60歳以上の祖父母・父母が、20歳以上の孫・子に贈与を行った時に利用できる制度です。2500万円を超えない限りは贈与税がかからないので、110万円の基礎控除額を超える財産(不動産など)を贈与する場合に用いられることが多いです。

養子縁組によって相続人を増やす

相続は相続人1人につき600万円の基礎控除がありますので、一般的には法定相続人の人数が増えるほど、節税に繋がります。相続人があまりいないという場合は、養子縁組によって相続人を増やせば良いので、この方法で節税に取り組む方もいます。

これらはあくまで一例であり、この他にも様々な節税方法があります。京都にある【FP京都】は相続税対策に関するご相談を随時受付けていますので、お困りでしたらご連絡下さい。

ファイナンシャルプランナーは税制に関する知識も学んでいるプロですので、的確にアドバイス可能です。

京都で相続税対策について相談するなら【FP京都】

京都で相続税対策について相談しようとお考えの方は、【FP京都】をご利用下さい。徹底した顧客目線で、お客様の悩みを解決いたします。具体的なプラン作成の依頼も承っており、電話相談も可能です。投資や保険に関する相談にも対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ相続税対策のご相談はこちらからサービス内容相続税対策をお手伝いいたします

お役立ちコラム

相続税対策・投資・保険の相談をしたい方は【FP京都】まで

会社名 アイ企画有限会社(Ai Plan Co., Ltd.)
屋号 FP京都
取締役 泉谷 重治
所在地 〒604-8831 京都府京都市中京区壬生森前町8-13
TEL 070-5430-4421
FAX 020-4664-6328
電子メールアドレス fpofficekyoto@gmail.com
営業時間 10:00-16:00(土・日・祝日除く)
事業内容

生命保険仲介・媒介

損害保険代理・媒介

HP https://fpkyoto.org/

お気軽にお問い合わせください。070-5430-4421営業時間 10:00-16:00 [ 土・日・祝日除く ]
お問い合せは365日24時間可能です

お問い合せはこちらから